この山は昔、尾張藩の殿様の山でした。維新後、神渕村の村有林となったのち、
現在の七宗町神渕財産区となりました。
この200年の歴史を誇る、200ヘクタールもの広大な樹木林を
今でも「かん養林」*として大切に育てています。


このサイトは、FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。
This Site requires the flash plugin. please download it from here.

*かん養林(涵養林)とは・・・人と自然を守るチカラづよい樹木林のことです。
網の目のようにはりめぐらした根で、山を頑丈にし、土砂災害から人々を守り、
樹木に降った雨を、50年以上もの歳月をかけて浄化し、キレイな地下水へと生まれ変わらせています。

奥の散歩道をしばらく進んでいくと、右手にやわらかに流れる谷滝があり、
檜の林を抜け、紅葉の美しさにうっとりしていると、
2段に折り重なる星滝を見上げることができます。
2段に重なる星滝は落差30m。
光と重なる清らかな水しぶきは圧巻。
もみじが滝を囲んでいます。
檜の林の奥にはやわらかに
流れる谷滝があります。
滝壺も浅く、美味しいお水を
是非どうぞ。

注意1※車で進入はできません。
注意2※ここへ入るには入山許可が必要です。(財産区のため)

 
Allrights Reserved at JOELAND.
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー